心拍数

自分の心拍数を決める一般的な方法は、人差し指と中指を首の気管の脇に当てることです。 その後、$15$秒の間に感じた拍動の数を数え、その数を4倍すると、1分間の拍動数(BPM)として心拍数を測ることができます。 この方法は、良い推定値を与えますが、それほど正確ではありません。 一般的に、$b$の拍動を$p$秒で測定するとBPMは$\frac{60b}{p}$として計算されます。

この問題では、すべての心拍数が一定で変化しないと仮定します。 $t$を心拍の間隔(秒単位)として、あなたの1分間の実拍数(ABPM)を$\frac{60}{t}$と定義します。

入力

入力は、ケースの数を示す整数$N$ ($1 \leq N \leq 1000$)から始まります。 次の$N$行は、それぞれ1つのケースを指定しており、前述の整数$b$ ($2 \leq b \leq 1000$)と $p$ ($0 < p < 1000$)が与えられます。 $p$ の値は、小数点以下4桁までの実数です。

出力

それぞれの場合について、可能な最小ABPM、計算されたBPM、最大ABPMをスペースで区切って一行に記入してください。 絶対誤差または相対誤差が$10^{-4}$を超えなければ正解とみなされます。

サンプル入力 1 サンプル出力 1
2
6 5.0000
2 3.1222
60.0000 72.0000 84.0000
19.2172 38.4344 57.6517